夢追い人応援プロジェクト 参加者インタビュー

シンガーソングライター 岩井 芙沙代
名前
岩井 芙沙代
年齢
--
出身地
東京都府中市
現在のアルバイト
家電のMC、ライブハウススタッフ
世のため人のために貢献できるクリエイティブな人間になること

現在どのような活動をされていますか?

今はシンガーソングライターとして活動しております。

――音楽はいつ頃からはじめられましたか?

4歳からピアノを始めました。本気でやろうと思ったのは、高校受験の時です。

音楽の高校に進学したくて先生や両親に相談しました。父親からは暖かい応援の言葉をもらいましたが、学校の先生からは「今からでは間に合わないから、普通高校に行きながら、音大に入る勉強をした方がよいのではないか。」と進路についてアドバイスをもらい、心残りはありましたが、先生のアドバイスに従うことにしました。

普通高校に入学してからも、歌、ピアノ、音楽理論、それぞれの分野を猛勉強しました。専門の先生に習いました。もう本当に厳しくて泣きたいことも多かったのですが、ここでくじけるわけにはいかない!と、歯を食いしばって頑張りました。

猛勉強の最中に、歌の先生が「音楽ばっかり詰め込んでやってもだめ。音楽以外のことも、良い音楽家になるのには必要ですよ。」と教えて下さいました。それまでは、完全に音楽漬けの生活だったのですが、少し視野を広げようと思ってファミリーレストランでアルバイトを始めました。

アルバイトでは、私は本当に鈍くさくて。失敗ばかりしてしまって、先輩に怒られる日々がずっと続きました。本当に辛かったです。(笑)でも、昔からものすごく負けず嫌いだったので「絶対辞めない!」って思って。

1年経つ頃には、バイトメンバーの中で「一番の成長株」って言われるようになったんです!この時に、とにかく一生懸命続けることって大切なんだと実感しました。

それからバイトを辞めて、また全力でピアノと向き合う日々に戻りました。そして、現代的で自由な音楽を学べる音楽大学に入学することができました。

音楽大学での一番大きな収穫は、弾き語りを学んだことです。これがなければ今のシンガーソングライターとしての活動はなかったかもしれません。そして卒業したのですが、就職活動もしていなかったので、ぷつりと何もなくなってしまったんですね。(笑)

卒業後は、群馬県出身の方と2人で、レストランのディナーの場で演奏する様な活動をやっていました。

その時のパートナーが群馬に帰ってしまったのをきっかけに、歌手としてデビューしようと思い、オーディションを受けてみました。でもその時は自分の曲がなかったので、他の方の曲を歌ったんです。

審査員の方から、まずは自分の曲を作りなさいとご指導を頂いて、またそこで負けず嫌いが顔を出しまして。(笑)オーディションの帰りの電車で、作曲に取り掛かってました。いざ作ってみたら、思ったよりも短時間で作ることができました。

はじめて自分の曲を作った時に、学校で弾き語りを学んだことを思い出して、シンガーソングライターになろう!って思ったんです。

それからは自分でどんどん曲を作って、ピアノ弾き語りという形でライブを行っています。

現在はどんなアルバイトをしていますか?

今まで、クリーニング屋さんとか、おにぎりの海苔を巻く仕事とか、ベルトコンベアーに荷物を載せる力仕事とか、本当に色々なアルバイトをやりました。何でも経験だと思って(笑)

今は、家電量販店でMCや、ライブハウス「四谷コタン」という所でホールスタッフをしています。「四谷コタン」は、ちびまる子ちゃんの声優であるTARAKOさんが昔にギターの弾き語りのシンガーソングライターで出演されていた場所です。

これから同じ夢を目指す人達向けてのメッセージ

たとえ周囲から無理だと言われても、自分が好きなことを続ける意思が大切です。

走れなくてもいいんです。ゆっくりでもいいんです。

たとえ半歩ずつでもいいから、前に進んでいれば景色が少しずつ変わっていって、いつか必ず成長を実感できる時が来ます。

ひたむきに頑張って、少しずつでも成長していくことで、周囲にも希望や勇気を与えることができると思います。

私も好きなことを続けるために、これから辛いことがあっても、逃げださずにきちんと向き合って行こうと思っています。