夢追い人応援プロジェクト 参加者インタビュー

ミュージシャン オノ
名前
オノ
年齢
--
活動拠点
東京、池袋
現在のアルバイト
ジャズライブハウス他
有名になって、音楽で生計を立てること

「ステージ上で死にたい。」と熱い想いを語る大正㌦㌦19号。今回はリーダーのオノさんに、今後の夢やバンド結成秘話を語っていただきました。

あなたが追いかけている夢について教えてください。

私たちの夢は、自分たちにしかできない音楽で有名になって、生計を立てていくことです。

その時その時によって流行のジャンルとか、曲に取り入れれば売れるコードとかがあると思うんです。だけど私たちはそういったものにとらわれず、"ロック"というジャンルで自分たちにしか演奏することができない音楽を作っていきたいですね。

その中で私たちは、社会的に少数派の方々にも居心地の良い空間を提供することを意識して活動しています。ライブとかやってると、色々なご意見をいただくんですが、そういったものも全て言われた通りにするということではなく、自分たちなりに取り入れてよくしていこうと思っています。

――音楽を始めたきっかけとバンド結成について教えてください。

私は、父親が趣味でギターを弾いていたので、音楽は割と身近にあったと思います。初めてギターを弾いてみたのは小学校4年生ぐらいの時ですかね。けれど、そのときからのめり込んでいたというわけではなく、たまに触る程度でした。

音楽に興味が出始めたのは高校生になってからぐらいです。その頃ガールズバンドを組んだんですけど、すぐに解散してしまいました。

せっかく音楽に興味を持ったのに、不完全燃焼に終わってしまって。心のどこかにモヤモヤした気持ちが残っていたんだと思います。

しばらくはモデルの仕事をしてたんですけど、その時の気持ちが抑えられなくなって、4年程前に知り合いのナグラとバンドを結成しました。私はその時はボーカルとギターで、ナグラがベースでした。

そのあとは、ギターのタキモトを他のバンドから引き抜いて、ボーカルのミナギ、ドラムのバッチが加わって現在の大正㌦㌦19号が結成されました。

割と音楽歴が短い私達だったので、結成当初はどうなるかと思いましたけど、やってみたらそんな不安はすぐに吹き飛びました。

現在は各々アルバイトをしつつなので、全員で集まるのは週1回ぐらいですけど、集まらない時でもなるべく楽器に触れるようにしています。やる日は本当に朝から晩まで楽器に触ってますね。いつもセッションから曲を作るやり方で、音楽を作っています。

歌詞も、ロックなので一応基本的な方向性はありますけど、その時によって結構違うと思います。

――バンドの名前の由来を教えて下さい。

「大正㌦㌦19号」というバンド名に特に意味はないんです。

こだわりがあるとすれば、「号」の文字以外は、ガラケーの記号の組み合わせで作ったことぐらいで。とりあえず、有名になるための第一歩としては、やっぱり覚えやすい名前っていうのは大事だと思ったんです。あとは、よく分からない名前なので、皆さんに「意味を知りたい。」と思って興味を持ってもらえるかなって(笑)

割とフィーリングで決めちゃった感じですね。

現在はどんなアルバイトをしていますか?

私は今、ジャズライブハウスでアルバイトをしています。今までいくつかアルバイトをしてみたんですけど、ジャズの生演奏を聴ける、というのがいいですね。

ロックとジャズだと方向性が少し違ってしまうんですけど、それでも生の音楽から得られるものは、沢山あります。

ボーカルのミナギも、歌うために姿勢が大切だからって、アルバイト中に背筋を伸ばして背筋を鍛えたりしてるみたいです。みんな考えているのはバンドのことばかりなんです。

これから同じ夢を目指す人達向けてのメッセージ

若いうちからそこまで思い詰める必要はないと思うんです。死んだらそれまでなんだし、もう少し楽に構えていい気がします。

社会に出ていくことに疑問を感じているのであれば、思い切って違う道に進んでみるのもありだと思います。ですが、何をするにも覚悟を持って行動しないといけません。また、自分が選んだ道なので、何かが起きても他人のせいしてはいけないですよね。

私たちもしっかりとした芯を持って、オリジナルの歌を作り続けていきたいと思います。

せっかく見つかった道なんで、限界までとことん楽しみたいです!