夢追い人応援プロジェクト 参加者インタビュー

ミュージシャン 川野 ユウキ
名前
川野 ユウキ
年齢
--
出身地
熊本
現在のアルバイト
飲食店
ミュージシャン

あなたが追いかけている夢について教えてください。

現在MIジャパンという音楽の専門学校に通いながら学校のメンバーとバンド活動をする傍らストリートやライブハウスでの弾き語りも始めました。ミュージシャンとして有名になって世界中の人に自分の歌がきいてもらえるようになる。それが私の夢ですね。

実は元々音楽にはそれほど興味はなかったんですよ。小学生の頃はテレビでたまたま流れるJ-popを聞く程度で。当時はロックなんてあまり良さがわからないし自分が関わるものじゃないなと思っていました。

そんな僕が音楽に出会ったのは友達からたまたまの誘いがきっかけでした。中学校3年生の頃だったと思いますが、僕の手が大きかったという理由だけでギターをやってみないかと誘われたんですよ(笑)

そこまで強い興味があったわけではありませんでしたがせっかくの誘いでしたし始めてみることにしたんです。そうしたらどんどんはまっていってしまって。

その友人とは違う高校に進学したのですがバンドを組みました。今振り返っても彼の影響は大きかったですね。彼はキャリアも長かったですしとにかくギターがうまかったんです。

僕はまだまだ始めたばかりでしたから全然かなわなかった。でも結構自分は負けず嫌いなとこがあって、高校を卒業する前に絶対抜いてやる!って決めたんです。

もう毎日毎日、常にギターの事ばかり考えて過ごしました。勉強もそっちのけで(笑)

何でもそうだと思うんですがやっぱり昨日できなかった事が出来るようになる喜びってすごく大きいじゃないですか。

出来なかったコードが押さえられるようになったり、曲が一曲弾けるようになったり。

気がついたら僕の頭のなかはギターの事でいっぱいになっていたんです。

しかし高校の卒業が近づき進路の事を考える時期になると同じバンドのメンバーは皆大学に進学する道を選ぶ、という事になったんです。でも自分は全然その気になれなかった。

そもそも高校だって友達やバンドのメンバーがいるから通っていたようなものなのでそれをあと4年も続けるつもりはありませんでした。そこで決めた選択というのが上京して音楽の専門学校に通うということだったんです。

――実際に入学してみていかがでしたか?

非常に興味深い内容が多くて驚きました。音楽のテクニックなどももちろん教わりますが音楽を理論的にとらえた講義もありますし、日本の音楽業界がどのように成り立っているかを実際に業界で活躍しているプロから学ぶクラスもあります。なんだかテレビの向こう側がこっちに来たような感覚がありました。

業界の一線で活躍するプロと比べてまだまだ自分はこれから成長しないといけないなと感じています。

――学校以外にはどのような活動をしていますか?

主に2つの活動をしています。一つは学校のメンバーと組んでいるバンドなのですが、現在メンバーが1名諸事情で辞めることになってしまい一時的にお休みをしているので、もう一つの活動である弾き語りに時間を割いています。

とは言ってもまだ弾き語りは始めたばかりなんです。まだ立ち止まってきてくれる人もあまり多くはありませんが皆この状況からスタートしたのだと思い自分を奮い立たせています。冬の路上での弾き語りは本当に大変ですけどね(笑)

現在はどんなアルバイトをしていますか?

現在駅内の飲食店の店員をしています。

上京してすぐにアルバイト探しをしていていくつか電話をしてみたんですが採用に至らなくて。どうしようかな、と思ってたまたま見つけた駅の張り紙を見て面接に行ったら合格しました。

シフト制なので音楽との両立も出来ています。周りの方もよくしてくれますし。

これから同じ夢を目指す人達向けてのメッセージ

僕もそうでしたが、何かを始めるときの最初の一歩って勇気がいると思います。僕の場合は上京して音楽の道を目指す事もそうでしたが、ストリートで弾き語りを初めてやる時だってやはり勇気が必要でした。

でも夢を叶えるってそういう小さな「はじめの一歩」の積み重ねだと思うんです。皆さんももし夢や大きな目標があるのであれば行動することが一番重要だと思います。