夢追い人応援プロジェクト 参加者インタビュー

ミュージシャン 飯田 カヅキ
名前
飯田 カヅキ
年齢
-
出身地
湘南
現在のアルバイト
物流系
ミュージシャンとして一生音楽をつくり続けること

あなたが追いかけている夢について教えてください。

現在私は「strange world's end」というバンドのvocal , guitarとして活動しています。

音楽との出会いということでいうとおそらく中学校の頃がスタートですね。

ギターを買って触ってみたんですがなかなかうまく弾けるようにならなくて…。今考えると練習の仕方が間違っていたんですけどね(笑)

本格的に音楽を好きになったのは高校時代の事です。中学時代は自分で楽器を練習して楽しんでいた感じなので、高校で軽音楽部に入ってバンド仲間をつくりたいと思っていたんですよね。むしろそれだけを軸に高校選びをした感じです。

でも実際に入部してみると、少し自分の抱いていたイメージと少しずれていた部分があって…。

音楽が純粋に好きな人間が集まっている、というのとはちょっと違った空気で、何となく彼らとウマが会わなかったんです。だから部活にもすぐに顔を出さなくなってしまいました。

結局3年生になるまではほとんど顔を出しませんでした。

でもせっかくだからやはり高校時代にバンドを組んで活動したいなと思って。音楽の授業で筋の良さそうな友達に声をかけてバンドに誘ったんです。それで3年生の文化祭に出ました。当時はLUNA SEAのコピーだったんですが、思うとそれが最初で最後のコピーバンドですね。

今思い返しても、あの文化祭独特の空気感は懐かしいですね。

高校を卒業してフリーターになりましたが、バンド自体は同じメンバーで続けていました。

ただ、しばらくたった時にボーカルが抜けるという話になったんです。元々、友達同士で組んだバンドだったので、誰かが辞める=解散という考えになってしまって。

当時、親の健康状態が少し優れなかったという状況でもあったので、結果としてバンドを解散して自分は正社員として働くことを選びました。

その後、親の体調も戻り、やはりもう一度本格的に音楽をやりたい、という気持ちになり、当時のメンバーに声をかけて集まれる人間でバンドを再結成したんです。

色々と試行錯誤をしましたが、正直バンドとしてはなかなかうまくいきませんでしたね。それで結局解散ということになってしまったんです。

そこですごく考えて自分の中で1つの答えに達したんです。
「自分が好きな音楽だけをつくろう」と。

当時はJポップの主流の構成などに習って、「こんな風に曲をつくった方がいいだろうな」という気持ちがあって、やりたいことを100%の形では表現していませんでした。歌詞にしてもそうです。

でもこれからはそうじゃない。自分がやりたいことだけをつめこんだ曲を創って、視聴サイトに掲載したんです。

すると「一緒にやりたい」という方からいくつか応募があって、そうして誕生したのが現在のstrange world's endです。

そういった意味では今のバンドのポリシーは、自分たちの音楽性を曲げずに妥協をしないということですね。

現在新宿や三軒茶屋で定期的にライブをしていますが、地方でもツアーをしています。

初めて行く地方のライブでも結構僕らのことを知ってくれていて、好きだと言ってくれるお客さんがいるんですよね。本当にありがたい話ですし嬉しいです。

もしかしたらそれは自分たちが自らの音楽性に対する姿勢を、評価してもらえた結果なのかなと感じています。

――ありがとうございます。バンド以外のお仕事のお話もお伺いできますか?

現在は物流系の会社で働いています。

正社員として仕事をしながらバンド活動を続けるとなると、やはり自分である程度時間をコントロール出来る必要があるんですよね。

そう言った観点で考えると現在の会社はシフト制で、平日のライブにあわせて休みをとれるので、バンドと両立という点からは、非常に相性のよい会社かなと思います。

これから同じ夢を目指す人達向けてのメッセージ

私から伝えたいことは2点ですね。

まずは「やりたいことをやる」ということ。これは先ほどお話にも出した通り、私達のバンドのポリシーでもあります。

私はその考えに基づいて音楽をつくり始めてから、すべてがうまく行きだしました。皆さんも自分の考えに妥協しないことで、色々な事がうまく周り出す瞬間を感じられるのではないかなと思います。

2つ目は冒険の過程を楽しむ考えかたを持つ事。

夢を目指す人にありがちな事だと思うんですが、最終目標のことだけを考えて現在との乖離を目の当たりにした瞬間に、愕然としてしまって半ばにして折れてしまう。

でもそれってほんとはおかしいと思うんですよね。どんなに大きな夢であったとしても、達成するとまた次の目標地点が見えてくるわけで。

だからこそ、夢を目指す旅はその「過程」を含めて楽しむものだと思うんです。

私自身も今まで色々な目標を立ててクリアしてきました。CDを出す。ツアーライブをする。

でも、今でも「さぁ来年は何をしようか」とメンバーで盛り上がれる。だから私はこれからもこの仲間とやっていけるなと実感しています。