夢追い人応援プロジェクト 参加者インタビュー

サッカーコーチ 中村 圭伸
名前
中村 圭伸
出身地
千葉県船橋市
現在の仕事
サッカーコーチ、アパレルブランド
プロの育成を目的とした複合型スポーツクラブの設立、スポーツアパレルブランドの全国展開

あなたが追いかけている夢について教えてください。

現在私は、FC千代田というサッカークラブでコーチをしているのと同時に、Antoneというスポーツブランドを広める広報・マーケティングの仕事をしています。

自分の将来の目標は、FC千代田を拡大しサッカーの普及活動に努めると同時に、多くの少年、少女たちにプロになりたいと夢をもってもらうことですね。

もう一つは、Antoneをより身近なスポーツブランドとして認知を拡大させていくことです。

――中村さんが夢に出会うまでのキャリアを教えていただけますか?

もともと千葉県船橋市というサッカーが盛んな地域で育ったこと、そして小学3年生の時のJリーグ開幕が相まって「サッカーをやって当然」という環境のなか、自然な流れでサッカー少年になりました。

放課後も休みの日でも常にサッカーという日々を送っていて、小学生の頃の夢はもちろんサッカー選手でした。当時は本当にサッカーに没頭していて船橋の選抜にも選ばれました。

中学は柏レイソルジュニアユースに入団しましたが、挫折して1年で退団しました(涙)
次は絶対に負けないという思いで、市立船橋高校に進学しました。

コーチになりたいと思ったのは高校3年生の時です。

友人が『もっとうまかったらサッカー続けてたな』ということを言っていたので、じゃあ自分がコーチになって、こんなに楽しいスポーツを大人になるまで楽しめるようにしようと。

それと自分自身が常にジャージで生活していたので、カッコ良いジャージやスポーツ着で学校でもカッコ良いというふうになればなと思うようになりました。僕の時代はジャージ=カッコ悪いが定説でしたから(涙)

――普段はどのような活動をされていますか?

午前中はAntoneのブランド広報の仕事をして、夕方からサッカーを教えています。土日にもプロの選手を目指すコースの子供たちのトレーニングや試合があるので、基本的に丸一日休みという日はありません。

自分はサッカー=人間育成の場だと思っています。

コミュニケーション能力はもちろんのこと、協調性やリーダーシップなど、サッカーというスポーツを通じて得られるものは非常に多岐にわたると考えています。

そういった意味では、自分のビジネスマンとして積み重ねてきたものとサッカープレーヤーとしてのキャリアが活かせる最高の場だなと常に感じています。

これから同じ夢を目指す人達向けてのメッセージ

僕からお伝えしたいのは2点あります。

まず1つ目は『自分の気持ちに素直になること』。とにかく今やってみたいことなどはすぐにやった方が良い。僕もサラリーマンを経験したり、自らBARを経営してもたりしました。そこで「やはりサッカーの近くにいることが一番幸せだ」と強く思うことが出来ましたし。

2点目は『ブレないこと』。夢の為に、アルバイトを続けたり、転職を繰り返すと周りの人から色々なことを言われたりしますが、そこで自分がブレたら絶対に成功しません。

僕もまだまだこれからですがブレずに自分の夢の達成に向けて進み続けます!