夢追い人応援プロジェクト 参加者インタビュー

フットサル選手 加藤 竜馬
名前
加藤 竜馬
年齢
-
出身地
神戸
その他の仕事
フットサルコーチ
フットサル日本代表

あなたが追いかけている夢について教えてください。

現在私はプロフットサルリーグ(Fリーグ)であるバルドラール浦安に所属しています。目標はフットサルの日本代表になることですね。

もともと父親の影響で幼稚園の頃からサッカーを始めました。兄も真剣にサッカーに取り組んでいましたので比較的自然な流れでサッカーが好きになったという感じですね。

当時、父がヴィッセル神戸で働いていましたので、実際にJリーグの試合を見に行ったり、選手として活躍する方々とお話をしていく中で、将来自分もプロになりたいと思うようになりました。

――現在に至るまでにどんなキャリアを歩まれたのですか?

そうですね、まずは小学校6年生の時にヴィッセル神戸のジュニアユースに入団したところが始まりです。その後、神戸弘陵学園に進学しました。

フットサルと出会ったのは、高校卒業後地元に帰っていた時の事です。

父親を介して、Fリーグ(フットサルプロリーグ)のあるチームの監督から声がかかり、以降現在に至るまでプロのフットサル選手として活動しています。

一般の方から見ると、サッカーとフットサルは同じようなスポーツに見えるかもしれませんが、実は全然別物のスポーツなんです。

戦略もテクニックも求められるものが全然違う。

だからこそ最初は、もちろん戸惑うこともありましたが、現在の自分の成長を楽しめているのかなとも思いますね。

――普段はどのようなスケジュールで試合や練習をされているんですか?

現在はシーズン中(夏~3月)なので、土日に試合があります。

練習は平日の夜9時~11時までですね。

昼はクラブが運営しているフットサルスクールでコーチを務めています。それが夕方5時から7時なので、平日は夕方から夜23時までずっと体を動かしていることになりますね。

指導することも楽しいですよ。
もちろん苦労もありますけど。

僕は幼稚園から小学校高学年までを対象にコーチをしていますが、やはりフットサルができても指導ができるかというと、それはまた別問題。

相手に合わせてどんな風に教えるか、何を教えるべきなのか、常にコミュニケーションには気を使っています。

教えることで自分の考えが整理されるということもあって、自分にとっても勉強になっているなと感じています。

これから同じ夢を目指す人達向けてのメッセージ

僕から伝えたい事は1つ。「絶対にあきらめないこと」。
自身の体験からいうと僕は高校時代3回骨折しているんです。

高校サッカーで選手権を目指す人間にとって、3年間しかない貴重な時間を怪我で戦線離脱するということは、大きなビハインドです。

しかもそれを3回も味わっている。

2年生時に、3年生の先輩に混じって試合にも出させてもらっていたので、その分怪我のショックも大きかったです。正直、そのタイミングで何度も諦めかけました。

それでもいまプレーヤーとして続けられているのは、当時の仲間のおかげだと思います。

僕個人の目標としては、フットサルの日本代表を目指すということもそうなんですが、フットサルの業界を盛り上げていきたいです。

より多くの人に見てもらって・体験してもらって、このスポーツのことを好きになってもらえれば、業界全体によい循環が生まれると思うので。

コーチとして指導側に回って若い子達と触れ合うのも、自分としては1つの業界活性の寄与の形なのかなと思っています。