夢追い人応援プロジェクト 応援者インタビュー

プロ野球選手 唐川 侑己

―――― 野球を始めたきっかけは何ですか?

父親が野球を好きだったというのもあるんですけど、友達に誘われた事がきっかけで少年野球を始めました。

最初は内野をやってたんですが、チームが10人くらいしかいなくて、いつの間にかピッチャーをやってました。

―――― いつ頃からプロを目指そうと思ってましたか?

小学生の頃から、家族や周りの人がとても協力的だったんですよ。両親がいろんな人から必要な話を聞いてきてくれたり、自分の為にすごく努力している姿を見ている内に、いつかプロ野球選手になって恩返ししたいと感じていました。

また、周囲は協力的でしたが「野球だけやりなさい」というような押し付ける感じはなかったので、野球をとても楽しくやれていました。

その楽しさの中にも使命感みたいなものを感じていて、父親が試合に頻繁に応援に行くほど高校野球が好きだったので、父が応援している高校に入学してそこからプロ野球選手になるというような進路をぼんやり想像していました。

でも、実際には中学生頃までプロ野球選手というのははるか遠い存在だと思ってました。野球を頑張っていたし、「夢はプロ野球選手になることです!」と言ってましたが、飽くまでそれは夢であって、あまり現実味はなかったように思います。

ただ、高校2年のあたりで、関東大会で優勝したり甲子園に出場したりして、スカウトの人が近くにいるのを見て、急にプロ野球選手という夢が現実味を帯びてきました。

―――― これまでの道のりの中で挫折しそうになったことはありましたか?

挫折しそうという程のことはなかったのですが、一度だけ一週間くらい落ち込んだことがありました。

それは高校2年の春に選抜大会に出場して、Aシードで迎えた夏の大会だったんですけど。自分が投げて初戦負けしたんですよ。その時は本当に落ち込みました。

周囲からは「優勝候補」と期待されてましたし、全校応援とか来てもらっていましたから。

初戦で負けてしまったので、夏休み前に大会参加が終わってしまって、次の日は普通に学校だったんですよ。本当であれば、全校の皆さんに謝らないといけなかったんだと思いますが、落ち込んでしまって誰とも話をできなかった記憶があります。

あとから聞いたんですけど、その時はクラスメイトにかなり気を使わせてしまったようです。

その時の3年生にとっては最後の大会だったので、先輩たちにも申し訳ない気持ちでいっぱいでした。でも本人たちは悔しかったと思うんですが、そんな素振りも見せずに温かい励ましの言葉をかけてくれたのが忘れられないです。

そのおかげもあって、夏休みに入って練習が始まると、気持ちを切り替えてまた頑張ることができました。

―――― その後、プロ野球選手になるまでのお話を教えて下さい。

実はプロの世界に入るにあたって少しだけ迷いが有りました。大学に進学した方がよいのではないかと思って。

ちなみにドラフトまでの間は、自分の評価を知るにはテレビやニュースで見るしかないんですよ。テレビで僕が1位指名の可能性があるほどの高い評価を頂いているという報道を見て、迷いを振り切って決めました。

やっぱり、プロ野球で投げてみたいという思いもありましたし。

決めてからは、意外とプレッシャーは感じていなくて、プロの世界で投げるのが楽しみで仕方ない気持ちでした。自信にあふれていたというわけではないですけど、自分の本来の力が出せればプロ野球でも通用するんじゃないかとポジティブに考えていました。

それでも、初マウンドの時はさすがに緊張しましたね。ただ、緊張することはそれほど悪いこととは考えてはいないです。自分でうまくコントロールして、緊張も味方につけることが大切だと思います。

―――― プロになってから辛かったことはありますか?

やっぱり怪我したり負けが続いている時は辛いですね。

特に負けが続いている時には、投げていても「なんか調子が悪い」と感じることがあります。そういう時に不調の理由がわからないのはとても苦しいです。

逆に不調の理由がわかっている場合は、上手く出来ないもどかしさがあったりもしますね。でも、基本的にあまり落ち込まないようにはしています。

僕はいつも家族やスタッフ、ファンや友人から期待されてるし、応援もしてもらっているので、「プロの野球選手です」と、胸を張って言えるぐらい活躍しないといけないと思っています。

どんなにたくさん報酬をもらっても、応援してくれる人がいなければ意味がないと思うんです。勝った試合の後にファンの方から「ありがとう」って言われる事があるんですけど、それはとても嬉しいです。

―――― 自分を高める為に日々大事にしている事はありますか?

人に流されず、自分のペースを崩さない事を心がけています。

時間がかかっても自分のするべきことはするべきだし、自分で決めたことはやり切りたいです。その成果が積み重なって、試合でよい結果が出るのだと信じています。

時々、弱い気持ちに負けそうになりますが、妥協すると絶対後悔すると思って頑張っています。

せっかくプロ野球選手になったんだから、活躍してかっこいい選手になりたいと思いますね。思い切り頑張れる環境を周りが作ってくれるんで、頑張らなきゃいけないですね。

今期は「最多勝」目指します!

これから同じ夢を目指す人達向けてのメッセージ

今年は最多勝を取るという大きな目標を持っています。

僕自身、順風満帆とは言えないプロ野球人生ですが、一番大切にしていることは、「自分のペースを守る」こと。

それには、自分にルールを作って、自分を律して頑張る事が大切だと思っています。

沢山の夢があると思いますが、夢を持った人にしか可能性が無いと思いますので、それを胸に秘めて頑張ってください。