夢追い人応援プロジェクト 応援者インタビュー

シンガー・ソングライター erica

―――― ericaさんが歌手という夢を追いかけ出したきっかけを教えていただけますか?

私の音楽への興味は幼少時代を過ごした環境によるものが大きいですね。

私は山梨の山奥出身なんです。結構な田舎でしたので本当にテレビもほとんど映らないし、バスが1時間に1本しかないような地域だったんですよ。

だから学校が終わって遊ぶにしても何もやることが無くて。

もともと3歳の頃からピアノを習っていたんですが、家で出来ることといえばピアノしかありませんでしたので自然と音楽への興味が強くなっていきました。

小学校の頃には自分で曲をつくって遊んだりしていました。自分でカセットテープに声を吹き込んでラジオのDJごっこをしてたりもしてたんです。

でもそんな田舎なので、芸能の世界自体にアレルギーがあったみたいで。特にうちの親なんかは絶対に音楽の道なんてダメっていう感じでした。

それでも親に内緒でオーディションに応募をしていたんですが、2次面接の通知が家に来た段階で親にばれてダメになっちゃうんです…。だから歌手になること自体には強く興味を持ちながらもほとんど身動きがとれない状況でした。

そんな私が実際に夢に向かって動き出したのは高校を卒業してからですね。当時姉が東京に住んでいましたので半ば強引に家を飛び出す形で姉のところに転がりこんだんです。

オーディションに応募するには20歳未満だと親の了承がいるので反対されている私はそもそも応募が出来ないんですよね。

なのでそれまではアルバイトをしながらボイストレーニングに通って20歳になったと同時にオーディションに応募したんです。そこで現在お世話になっているnaoさんに評価していただいて念願のミュージシャンとして生きていくことになりました。

正直今思うとよく受かったなと思います。生まれて初めてのオーディションだったので控室にいる時点で落ち着かなくてそわそわしていましたし。どんな風にオーディションでふるまえばいいかもわかっていなかったので、他の子を参考にしよう思っていたんですがまさかの私が一番手だったんです!

もう完全に頭が真っ白になっちゃって。歌っている途中で完全に歌詞がとんじゃったんです。でもとっさにそこから「ラララ」で最後まで歌い切りました。

後から話をきいたらそれがよかったみたいで。臨機応変な対応が評価されたのか、度胸が評価されたのかわからないですけど(笑)

―――― 実際にオーディションに合格してからはいかがでしたか?

そうですね。正直オーディションを受ける前は合格すれば事務所がデビューさせてくれるんだって思っていたんです。

でも実際に受かってみると意外と事務所が思ったよりも何もしてくれないんですよね。。今思うと私のためを思ってあえてそうしていたのかなと思いますが。

しかも周りには自分より才能に恵まれている若い子は沢山いました。

うじうじしているだけじゃだめだ…何か行動に移さなきゃ…

そんな風に思っていた時にプロデューサーのnaoさんから路上ライブを勧められたんです。

最初は本当に嫌だったんですよね。やっぱり1人路上で歌を披露するのって勇気のいることですし。

でも25歳までに絶対にメジャーデビューすると決めていましたからここでめげるわけにはいかなかった。だから勇気を振り絞って挑戦してみることにしたんです。

やるからには目標を決めて達成したいと思い、手売りでCDを1000枚売る!と決めました。

最初は本当に辛かったですよ…なにせ私が歌っていても誰も立ち止まってくれませんでしたし…。しかも歌っていると警察の方に注意されてしまいます。

でも今振り返って思うと路上ライブを通して得られたものは多かったです。

歌手に限らず夢を追いかけるって自分との戦いだと思うんです。路上ライブはまさに孤独との戦いです。孤独な時間を1人過ごし自分と向き合うことで自分の中でのコアな価値観が形成されました。

なぜ自分は歌を歌いたいのか、どんな人に私の歌をきいてほしいのか。

自問自答を繰り返すなかで少しずつそれが明確になりはじめ、歌にもその気持が表れてきたと思います。

その甲斐もあってかはわかりませんが、なんとか1000枚の目標を達成することが出来ました。今でも記憶に鮮明なのですが、最後の1000枚目が売れたその日はすごく沢山の方に来ていただいて。多分300人位の人がいたんじゃないかなと思います。

それで最後の1枚がお客様の手に渡った瞬間にみんながおめでとーって拍手してくれて。ふと横をみたら最初は注意をしていた警察の方も拍手してくれたりして。(笑)

今振り返ると本当に路上ライブに挑戦してよかったと思っています。いわゆるどんぞこの状況を経験できたから今の私があると感じています。

今でも自分は下積みだと思っていますが。あの頃と比べるとずいぶんと良い環境で歌わせていただける機会が増えてきました。

その環境が当たり前だと思わず常に真摯で謙虚な自分でいようと思えるのはあの時代を経験しているからですね。

――――ericaさんが経験してきたアルバイトのお話も伺えますか?

そうですね、それこそ結構色々なアルバイトを経験しましたよ。

最初は18歳で上京したての頃にアパレルブランドのSHOP店員としてアルバイトを始めました。

私はアルバイトを単なるお金を稼ぐ手段にしたくなかったので、バイト先を選ぶ際に将来の夢に活きるものにしようと考えていました。

見た目の面でもどのように自分を表現していくかというのは重要だと思っていたのでアパレルのお仕事もしましたし、将来歌手として自分を売りだしていく時に役に立つだろうと画像編集やサイト制作のアルバイトもしましたよ。

どのアルバイトも本当に職場の皆さんがよくしてくれました。私が夢を追いかけていることも皆知っていましたし応援してくれたんです。曲が出来ると皆にきいてもらったらすごく喜んでくれて。まるで皆が私の応援団みたいでした。

でも嬉しかった半面、実はプレッシャーでもあったんですよね。これだけ皆に応援してもらっているのに私は全然何もおかえしが出来ていないなって。

だからこそメジャーデビューが出来た今、本当に少しつづですが応援してくれた皆さんにお返しが出来ているかなと思います。もっともっとこれから恩返しをしていこうと思っています。

―――― メジャーデビューされてから環境が変わったと思いますが
大変なことや嬉しいかったことを教えていただけますか?

もともとメジャーデビューが最終目標だとは思っていませんでしたのでむしろこれからが本当の勝負だと思っています。会社員として働いてらっしゃる方もそうだと思いますが、デビューしてからはすべてが数字で判断されます。

自分の成果がシビアに判断されることを肝に命じながらも、自分が大事にしてきたものを守りつつ、今まで以上に努力をしていくことが自分に出来ることかなと不安に思うこともあります。

喜びを感じる瞬間はファンの方からいただいたお手紙を読んでいる時ややはりライブで私を応援してくださる皆さんを見ている時ですね。

本当にありがたいことに色々な地域に私を応援してくれる方がいらっしゃるんです。

その方々が手作りのちらし等を使ってプロモーターのように私を宣伝してくれるんです。そんな光景をみて自分の夢がみんなの夢になっているんだなと思うと本当にあきらめずに歌をやってきてよかったと思いますし、これからもっと頑張らなきゃ!と感じています。

これから同じ夢を目指す人達向けてのメッセージ

まずは自分を信じること。信じるための努力をすること。

これが一番重要だと思います。

私もこの業界で生きていくと決めて以降、自分よりも若く才能に恵まれた方を何人も見てきました。

実際に歌を聴いたり歌詞を見たりすると才能があるかどうかはわかっちゃうんですよ。なんでそんなフレーズが思いつくの!?みたいな。

自分はそういう天才肌な人種ではないのでその人達よりも努力しようと決めました。絶対に努力すればこういう人達にも負けないはず!という気概で頑張ってきました。私は努力は必ず才能に勝つ事ができると信じています。

私もまだまだ自分は駆け出しだと思っていますが皆さんも自分の事を信じられるように努力をして夢に向かって頑張ってくださいね!